コミュニケーション能力の大切さ

 看護師として働くに当たって、患者への最適な看護につながるように同僚との間に頻繁にコミュニケーションが交わされていることでしょう。単に喋るのが上手いだけではちゃんとしたコミュニケーションを取っているうちに入らないと考えている方がいるのだろうと思い、相手の態度や表情からその相手の意思を先回りしていこうとすることは、コミュニケーションを円滑に進めるために必要となるポイントだと捉えている方がいるのではないかと思うのです。正確な意思伝達ができてこそ理想的なコミュニケーションが展開されていくことにつながっていき、理屈だけで相手をねじ伏せようとするのではなくて、これこれこうだからこうなるのよ、といった順序建てた筋の通る説明ができることも、理想とするコミュニケーションのあり方となるのです。
 「ねぇ、あなたの意見も聞かせて」といきなり話を振られてドギマギしてしまう看護師がいるのではないでしょうか。自分の意思を伝えることが上手くない人は、どうしても自分の意志とは裏腹に言葉がつっかえたり、やっぱりこんなことを言うのはまずい、と思って尻込みしてしまうことが考えられるのです。コミュニケーションが上手く取れないことが長年の悩みとして重く自分にのしかかっているという方は、そうした自分を変えるためのコミュニケーションを強化する講座に通って、せめて人並みくらいに喋れるようになることを目標としていくのでしょう。適切な言葉を選びながらのコミュニケーションをすることが面白く感じられる日が訪れるまで、その講座に通い続けることを習慣としていくのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です